ホーム>アプリヘルプ基本操作プレーをマニュアル入力する>マニュアルプレー入力の基本

マニュアルプレー入力の基本

打点や自責点を正しく判断するには、「どのプレーの間にどのランナーがどこまで進んだか」という情報が必要です。そして、どのような複雑なプレーも、この情報を積み重ねて行くことで入力されます。

ベースアウト

ベースアウトには、ゴロのフォースアウト(1塁を含む)とフライの帰塁アウトがあります。どちらになるかは状況に応じて自動的に判断されます。

ベースアウトを入力するには、ベースボタンを長押しします。これで、現在ボールを持っている野手がそのベースにタッチして刺殺したことになります。

タッチアウト

ランナーをタップすると、現在ボールを持っている野手がそのランナーにタッチして刺殺したことになります。元の塁に戻ろうとしたランナーをタッチアウトにした場合は、ランナーを長押しします。

キャッチアウト

ボールを持った野手をタップすると、フライをキャッチアウトしたことになります。

捕球エラー

ボールを持った野手を長押しすると、捕球エラーになります。

送球

ボールを持っていない野手をタップすると、送球になります。

エラーの後のバックアップのように、送球以外でボールの保持者を変更する場合は、[バックアップ/野手の切り替え]を使用します。

送球エラー

ボールを持っていない野手を長押しすると、その野手への送球エラーになります。

以上をまとめると次のようになります。

タップ長押し
ベースベース(進塁先)ベースアウト
ランナーランナー次の塁でタッチアウト前の塁でタッチアウト
ボールを持った野手ボールを持った野手キャッチアウト捕球エラー
ボールを持たない野手ボールを持たない野手送球先送球エラー

バックアップ/野手の切り替え

バックアップ/野手の切り替えボタン

ボールを持っている野手を切り替える場合は、このボタンを押した後に、ボールを持つ野手を選択します。

たとえば、送球エラー、捕球エラーがあった後に、バックアップした野手が次のプレーを行う場合は、このボタンを使用します。

牽制からマニュアル入力に入った場合は、最初にピッチャーがボールを持っています。キャッチャーの牽制からプレーを始める場合は、最初にこのボタンを使用してキャッチャーにボールを渡してください。

ワイルドピッチ・パスボール

ワイルドピッチボタン パスボールボタン

ワイルドピッチまたはパスボールがあった場合は、これらのボタンを押した後に、各ランナーの進塁先を選択します。

野手選択

野手選択ボタン

野手選択があった場合は、このボタンを押した後に、送球先の野手を選択し、さらに各ランナーの進塁先を選択します。

走塁妨害

走塁妨害ボタン

走塁妨害があった場合は、このボタンを押した後に、どの野手がどのランナーを妨害したかを選択します。

守備妨害

守備妨害ボタン

守備妨害があった場合は、このボタンを押した後に、どのランナーがアウトになり、どの野手に刺殺を付けるかを選択します。

バッターボックス内の打者による守備妨害は、[打者の反則/守備妨害]プレーオプションを使用してください。