ホーム>アプリヘルプ画面・メニュー>プレー入力画面

プレー入力画面

試合の記録中にメインに使用する画面です。おおむね画面サイズ7インチ(解像度による)を境に、画面のデザインが少し異なります。

7インチ未満

プレー入力画面

7インチ以上(一部)

プレー入力画面

ランニングスコア

ランニングスコア

「B」はフォアボールの数です。デッドボールは含みません。
「E」はエラーの数です。パスボール、打撃妨害など、失策の記録が付くプレーを含みます。
延長になると、横方向に縮小して表示されます。

現在のバッター/ピッチャー

バッター/ピッチャー

名前の横の短い縦棒は打ち方/投げ方(左右の別)を示します。
バッターには今日の打席結果が、ピッチャーには今日の成績が表示されます。「12-56球」の「12」は現在の回、「56」は合計の投球数です。フォアボールの数にデッドボールは含みません。
バッター表示/ピッチャー表示を押すと、それぞれの選手プロフィール画面が表示されます。試合中に背番号などを設定するときに便利です。参照:選手プロフィール画面

ヒント画面サイズ7インチ未満の場合は、ボールカウント部分を押すと、ここにシートが表示されます。

シート

塁上のランナーとボールカウント

ランナーとボールカウント

ヒント画面サイズ7インチ未満の場合は、この部分を押すと、バッター/ピッチャーの代わりにシートが表示されます。

プレー履歴

プレー履歴

現在の回のすべてのプレーが表示されます。

プレーオプションボタン

プレーオプションボタン

スクロールしてさらに多くのオプションが表示されることがあります。

打球方向選択パネル

打球方向選択パネル

プレーオプションで[ヒッティング]や[バント]を選択すると表示されます。ここで、打球方向を選択します。基本的に打球を処理した野手を選択します。
たとえば、センターがセンター前への鋭い当たりに突っ込んで後ろに逸らし、レフトがバックアップして返球したとします。これがセンターのエラーであれば打球方向としてセンターを選択しますが、ヒットであれば記録上センターに守備機会はないため、レフトを選択します。センターの守備について何か補足したい場合は、プレーメモを使用してください。参照:プレーメモ

打球方向の詳細パネル
打球方向の詳細パネル

野手ボタンを押すと、打球方向の詳細パネルが表示されます。ボタンを押したまま指をずらすと、細かな方向を選択できます。
たとえば、ショート左のゴロはスコアに「」のように表示され、センター右中間後方のフライは「」のように表示されます。
ただし、これらの意味は特に決まってはいないので、ユーザーが独自に使い方を決めてかまいません。たとえば、ゴロやフライの場合はファインプレーであることを示すために使う、などです。

ランナーボタン

ランナーボタン

盗塁と牽制に使用します。
通常の盗塁の場合は、投球前にランナーボタンを選択しておきます。
牽制球または牽制時/投球間の盗塁の場合は、ランナーボタンを長押しします。

マニュアルボタン

プレーオプションボタンから入力できないプレーが起きた場合は、マニュアル入力ボタンボタンを押して、マニュアル入力画面で野手のプレー、ボールの動き、ランナーの動きを逐一入力します。参照:マニュアルプレー入力画面

戻るボタン

ボタン操作を1つ戻すには、戻るボタンボタンを押します。操作は、各攻撃の先頭打者まで戻すことができます。直前の相手チームの攻撃には戻れません。参照:終了した試合のプレーを修正する

チームとピッチャーのスコアボタン

チームボタン

画面下の先攻/後攻チームスコアボタンをタップすると、それぞれのスコアシートが表示されます。スコアはピンチ操作で拡大縮小できます。

チームスコア
プレーメモ

スコア内の各打席を押すと、プレーメモを入力できます。プレーメモの有無は、打席左下の赤い三角形で示されます。上の例では、3回の2番打者にプレーメモが設定されています。プレーメモは、スコアシートを出力した際に「記事・プレーメモ」欄に記載されます。

プレーメモ
プレーメモ

チームボタンを長押しすると、スコアシートを折りたたみ表示できます。折りたたみ表示中はプレーメモを設定できません。

チームスコアの折りたたみ表示

[P]ボタンをタップすると、両チームのピッチャー成績が表示されます。

ピッチャースコア

自責点以外のチーム成績は、各投手の成績の合計になります。チーム自責点は、各投手の合計より小さくなることがあります。