ホーム>アプリヘルプ基本操作プレーをマニュアル入力する>エラーが2つ重なったケース

エラーが2つ重なったケース

次のようにエラーが2つ重なったケースで、マニュアルプレー入力画面の操作方法を説明します。

以下に、3番打者の太字部分のマニュアル入力の方法について説明します。


ピッチャーゴロ

ヒッティングボタンピッチャーボタンゴロボタンマニュアル入力ボタンを押して、マニュアル入力に入ります。3塁ランナーと打者ランナーがいて、ピッチャーがボールを持っている状態です。

マニュアルプレー入力画面
ピッチャーはキャッチャーに送球するも、キャッチャーが捕球エラー。3塁ランナーは生還、打者は2塁まで進塁

[送球]→「どこへ?」(2)→[捕球エラー]→「3塁ランナーはどこへ?」[本塁]→「打者はどこへ?」[2塁]の順に選択します。

ここで次の[エラーの詳細]ダイアログボックスが表示されます。

[エラーの詳細]ダイアログボックス

この場合、実質的な選択肢は下の2つです。

記録者の判断により、どちらかを選択し、次のプレーに進みます。

キャッチャーがサードに送球するも、サードが捕球エラー。バッターランナーも生還

[送球]→「どこへ?」(5)→[捕球エラー]→「2塁ランナーはどこへ?」[本塁]の順に選択します。

ここで次の[エラーの詳細]ダイアログボックスが表示されます。

[エラーの詳細]ダイアログボックス

選択肢は下の2つです。

記録者の判断により、どちらかを選択します。以下の打者の入力は省略します。


結果として作成されるスコアは、以下のようになります。

オプションAとQ(両方ともアウトの機会あり)を選択した場合
マニュアル入力の結果

2番・3番の得点はエラーによるもので、どちらも自責点なしです。また、この時点でアウトの機会が3になったので、5番・6番のホームランも自責点になりません。

オプションAとP(最初のエラーのみアウトの機会あり)を選択した場合
マニュアル入力の結果

2番・3番の得点はエラーによるもので、どちらも自責点なしです。ただし、この時点ではアウトの機会が2なので、5番のホームランは自責点になります。6番のホームランは自責点になりません。
ヒントこの場合、MLB式では3番の得点も自責点になります。

オプションBとQ(2番目のエラーのみアウトの機会あり)を選択した場合
マニュアル入力の結果

2番の得点は3番の進塁打(いわゆる野選エラー)によるもので自責点になり、3番には打点が付きます。3番の得点はエラーによるもので自責点なしです。この時点ではアウトの機会が2なので、5番のホームランは自責点になります。6番のホームランは自責点になりません。★3番の1塁から2塁への進塁の記号がおかしいです。アプリを修正します。

オプションBとP(両方ともアウトの機会なし)を選択した場合
マニュアル入力の結果

2番の得点は3番の進塁打(いわゆる野選エラー)によるもので自責点になり、3番には打点が付きます。3番の得点はエラーによるもので自責点なしです。この時点ではアウトの機会が1なので、5番・6番のホームランはどちらも自責点になります。★3番の1塁から2塁への進塁の記号がおかしいです。アプリを修正します。
ヒントこの場合、MLB式では3番の得点も自責点になります。

最初のエラーの前に[野手選択]を選択した場合
マニュアル入力の結果

最初のプレーで[野手選択]→「どこへ?」(2)→「3塁ランナーはどこへ?」[本塁]→[捕球エラー]→「1塁ランナーはどこへ?」[2塁]の順に選択した場合は、このようなスコア表記になります(2番目のエラーはオプションP(アウトの機会なしを選択))。記録はオプションBとPを選択した場合と同じです。スコアの表記が違うだけです。★これも3番の1塁から2塁への進塁の記号がおかしいです。アプリを修正します。