ホーム>アプリヘルプ基本操作試合を終了する>コールドゲーム

コールドゲーム

試合をコールドゲームにする場合は、打席オプション画面で試合終了ボタンボタンを押すと、いつでも試合を終了できます。

[試合結果を作成して終了]ボタン

[試合結果を作成して終了]ボタンが表示されます。

勝敗が決している場合

その時点で勝敗が決している場合は、[試合結果を作成して終了]ボタンを押すと、[勝利投手/敗戦投手の決定]ダイアログボックスが表示されます。参照:9回の試合終了

引き分けの場合

引き分けの場合は、[試合結果を作成して終了]ボタンを押すと、ただちに試合結果が作成されてメイン画面に戻ります。

表の攻撃で同点または勝ち越しになっていた場合

次の場合、(規定では)現在の回が無効になり、前の回の終了時点の結果が試合の結果になります。

ただし、勝敗にこだわらず最後まで記録を有効にしたい場合もあると思いますので、「スコアラー」では、現在の回も有効にするオプションを用意しています。

コールドゲーム

たとえば、上の状況で試合終了にすると、下のようなオプションが表示されます。

コールドゲーム

[前の回で終了して試合結果を作成]を選択すると、規定どおりに東高を勝ちチームとして[勝利投手/敗戦投手の決定]ダイアログボックスが表示されます。参照:9回の試合終了

コールドゲーム

[OK]を押すと、試合結果が作成されます。結果の一覧には、次のように表示されます。

コールドゲーム