ホーム>アプリヘルプこんなときは…>打順の誤りがあった

打順の誤りがあった

前の回の攻撃が盗塁失敗や牽制アウトで終わっていた場合に、そのときの打者が打ち直しになるところを、間違って次の打者が打席に入ってしまうというケースがありがちです。

単純なケースは記録が可能ですが、対応できないケースもあります。また、打席が完了して次の打者の1球目(アピールの有無)まで結果が確定しないため、どうしても入力し直しなどの手間が発生することがあります。


(ケース0)Aの打順でBが打席に入り、途中で味方が気付いた、または守備側からアピールがあった。

そのままのボールカウントでAが引き継いで打ちます。特に記録はありませんが、プレーメモなどで補足しておくとよいでしょう(以下も同様)。


(ケース1)Aの打順でBが打ち、そのまま進行してしまった。

Bの次の打者に1球目が投じられたり、牽制球などのプレーがあった時点で現在の打順が正規の打順になり、Aの打順が飛ばされたことが確定します。

プレーの入力をAの初球の前まで戻し、「打順スキップ」を使用してAの打順を飛ばしてください。さらに、Bの打順にプレーを入力し直す必要があります。


(ケース2)Aの打順でBが打って三振や凡打でアウトになり、次の打者の前に守備側からアピールがあった。

Aがアウトになり、Bが次の打者として再度打つことになります。

間違ってBが打った結果がそのままAの結果になるため、特に行う操作はありません。


(ケース3)Aの打順でBが打ってヒットで塁に出たり、ダブルプレーでアウトになり、次の打者の前に守備側からアピールがあった。

Aだけがアウトになり、Bが次の打者として再度打つことになります。他の走者は元に戻されます(打撃の前の盗塁や暴投による進塁は有効)。

Aのアウトはキャッチャーの刺殺になります。これは、打者の反則打球や守備妨害(バッターボックスから出て打ったり、足元の打球を蹴った場合)の処置と同じなので、便宜上Aに「打者の反則・守備妨害」を入力して記録してください。


(ケース4)Aの打順でBが打ち、その次にAが打って、C、Dと続いてそのまま進行してしまった。

AやBの結果はそのまま当人の成績として有効です。

このように打順が入れ替わったケースは正しく記録できません(AとBの成績が逆になってしまいます)。