ホーム>アプリヘルプこんなときは…>インフィールドフライを落球した

インフィールドフライを落球した

インフィールドフライの宣告があって、これを野手が落球すると、攻撃側も守備側もあわてて勘違いプレーをしがちですが、記録者は審判の判定をよく見て、正しく記録を付けてください。

まず、インフィールドフライは常にインプレーです。フライが捕られても捕られなくても、ランナーは次の塁を狙えます。フライが捕られた場合はタッチアップが必要ですが、捕られなければタッチアップは不要です。

大事なことは、インフィールドフライを落球してもバッターはアウトなので、ランナーに進塁義務がないということです。ランナーはあわてて走り出してはいけません。また、もしランナーが次の塁に向かって走り出した場合、守備側はこれをタッチアウトにしなければなりません(フォースアウトにはできません)。

野手がインフィールドフライを落球しても(または誰も捕ろうとしなくても)、バッターはアウトですが、その場合は記録者の判断で、本来捕るべき野手に刺殺を付けます。落球した野手に刺殺を付けてもかまいません。つまり、プレーオプションボタンやマニュアル入力画面で、落球してもキャッチアウトを選択することになります。

落球したボールが大きく逸れてランナーが進塁に成功した場合は、記録者の判断で、落球した野手に失策を付けてかまいません。その場合、記録上は刺殺も失策も付くという不思議なことになり、スコアを見てもよくわからないので、プレーメモなどで詳細を付記するといいでしょう。


ノーアウト1・2塁でバッターがショートにフライを打ち上げ、審判はインフィールドフライを宣告した。ショートはこれをヘディングしてしまい、ランナーはそれぞれ2塁と3塁に進んだ。

ノーアウト1・2塁から次のように入力します。スコアは下のようになります。

[ヒッティング][ショート][フライ][M][キャッチアウト][捕球エラー](2塁ランナーは?)[3塁](1塁ランナーは?)[2塁](エラーの詳細)[アウトの機会なし][OK][終了]

スコアサンプル