ホーム>アプリヘルプこんなときは…>公式記録がルールどおりでない

公式記録がルールどおりでない

「スコアラー」はルール上あり得ないプレーや記録はその多くを入力できないようにしてあります。これによってプレー入力がシンプルになり、通常は便利なのですが、公式記録がルールどおりでない場合は、それに沿った記録やスコアシートを作成できないことがあります。

球場でヒットやエラーのランプを付ける係の人が必ずしもルールに精通しているとは限らないため、これはままあることです。できることなら、公式記録の方を訂正してもらうのがいいでしょう。


1アウトランナー1・3塁でバッターがライト前に落ちる打球を打ち、3塁ランナーはホームインしたが、1塁ランナーが2塁でフォースアウトになった。スコアボードに「H」のランプがついた。

ルール上、この打者の記録はライトゴロです。「スコアラー」では、この状況でヒットを入力すると、1塁ランナーをフォースアウトにすることができません。次善の策として、打者をヒットにして1塁ランナーを2塁に進めた上で、2塁をオーバーランのタッチアウトにし、プレーメモで補足してください。


ノーアウトランナー2塁でバッターがサードゴロを打ったが、サードが少し出かけた2塁ランナーの方に一度送球しかけたために、1塁への送球が遅れてバッターがセーフになった。スコアボードに「Fc」のランプがついた。

ルール上、この打者にはヒットが記録されます(下記参照)。スコアシートにはどう記載しても不自然な記録になりますが、たとえば、「送球なしの野選(タッチをかわされた野選)」(づt)と記録し、プレーメモで補足してください。

【公認野球規則 9.05 安打】
(b)次の場合には安打を記録しない。
(4)打者が一塁でアウトになるだろうと記録員が判断したとき、打球を扱った野手が先行走者をアウトにしようとして行った送球または触球行為などが不成功に終わった場合。管理者注:通常の(狭義の)野選の規定。
【原注】打球を扱った野手が、ただちに打者走者に向かわないで、わずかに他の走者をうかがったり、または他の塁へ送球するふりをした(実際には送球せず)ために送球が遅れて、打者を一塁に生かした場合などには、本項を適用しないで、打者に安打を記録する。管理者注:上の野選の例外規定。